Monthly Archives: 8月 2015

荷造りを効率よく!引越の片付けのうまいやり方

部屋ごとに片づけをしていく

引越の荷造りはとても大変な作業です。なので、できるだけ効率的に片づけをすることで大変な引越作業をてきぱきと終らせることができます。引越のための片づけをする際には、まず部屋ごとに片付けていくようにしましょう。たとえば本は本だけとか、日用品は日用品だけというように片づけをしてしまいがちですが、それだと部屋の中を行ったり来たりしなければいけなかったりなど、効率が悪くなってしまいます。一つの部屋を重点的に片付けることで、荷造りの効率をアップさせることができます。

新居のことを考えながら

引越の片づけをする際は、適当に物を梱包していくのではなく、新居の生活のことを考えながら荷造りをしていった方がはるかに効率的ですよ。荷解きをするときに、新居の部屋ごとに荷物が片づけられていたりするととても楽ですよ。また片付けというのはとても面倒なものですので、ついつい後回しにしてしまったりすることもありますが、新居での生活を思い浮かべながら片付けをするのは、片付けのモチベーションを上げることにもつながります。

要らないものを捨てるいい機会

引越のための片づけをしていると、要らないものが結構出てくるものです。そういうものを捨てるのにもいい機会ですよ。要らないものを捨てることは、荷物の量を減らすことにもつながります。引越の料金というのは荷物の量でも決まってくるので、要らないものを捨てることによって引越代金の節約にもなるのです。普段は大事なものをなかなか捨てることができないという人でも、いい機会だと思って、思い切ってまとめて捨ててしまいましょう。

不用品の回収は専門の業者に依頼をすれば大量に発生した場合にも対応してくれるので引越しなどの際には最適です。

趣味の物を上手に収納!コンパクトなトランクルーム

トランクルームのいろいろ

トランクルームと一口に言っても、それにはいろいろな種類があるんですね。ロッカーのような形をした小さなタイプのトランクルームや、逆にふつうに人が住めるような大きなタイプのトランクルームもあったりします。トランクルームはもっぱら収納のために確保されたスペースですが、収納にもさまざまな用途がありますね。建て替えの際に家具や家電を収納するためや、かさばる趣味の物品を入れておくためのスペースなどとして主に利用されています。

0.5帖のトランクルーム

0.5帖というコンパクトなタイプのトランクルームは、高さが結構あるので、トランクルームとしては小さい方ですが、結構いろいろなものが入ったりしますよ。無駄なく使うことができれば、たくさんのものを収納することが可能です。0.5帖というのは横幅の広さであって、高さについては2メートルくらいあるので、上の方のデッドスペースをうまく活用すれば大きなものの収納も簡単にできます。料金もリーズナブルに抑えることができるのは良い点ですね。

どんなものを入れているのか

0.5帖くらいのコンパクトなタイプのトランクルームにはどのようなものを入れるものなのでしょうか。たとえば、高さが結構あるのでサーフボードなんかも種類によっては入れることができたりします。スキー用品も楽に入れることができますよ。湿度管理がされたトランクルームであれば、ギターやバイオリンなどと言った楽器であっても安心して保管することができますね。あまり利用頻度の多くないスーツケースやかさばりやすい旅行グッズなんかを入れておくのにも適切なスペースです。

トランクルームは不要な荷物を預けてもらえます。荷物の数をチェックして、それに合う規模のスペースを借りるようにしましょう。