必見!トイレ詰まりで困らないために知っておきたいこと

By | 2015年6月20日

トイレ詰まりの兆候を見逃さない

トイレは毎日必ず使用しますので、詰まってしまって使えなくなってしまいますと非常に困ります。便器の中に何か落としてしまってそれが原因でトイレ詰まりが起こるような場合以外は、徐々にトイレ詰まりが進行して行きますので出来るだけ早期に気付いて対処することが必要です。トイレ詰まりが起こる兆候としては、便器に溜まっている水位が高くなって来ていることです。その様な場合は水位が下がるを待ってからラバーカップで詰まりを解消してみることが大切です。

節水対策をしている場合は要注意

実は節水目的で行っていたことが、トイレ詰まりの原因となってしまっている場合があります。トイレの水を流す場合には水流の強弱によって2通りあります。基本的には尿と便によって使い分けるのですが、節水目的で大便の際に弱い水流で流そうとすると、流しきれずに配管の途中で詰まりを起こしてしまう場合があります。また節水対策としてタンク内にペットボトルを入れている場合がありますが、これによっても使用する水の量を抑えることが出来るのですが、水流の弱さによって詰まりを起こす原因にもなってしまいます。確かに水道代の節約にはなりますが、もしトイレ詰まりが起こってしまった場合には結果的に多額のコストがかかってしまう恐れもあります。

トイレ詰まりの解消法について

もしトイレ詰まりの原因がトイレットペーパーの場合は、半日ほど何もせずに放置しておく方法もあります。時間をおくことによってトイレットペーパーが水に溶けて詰まりが解消される場合があります。トイレットペーパー以外の物が詰まってしまっている場合には、何らかの対処をしなければいけませんが、まず実践してみる方法はラバーカップを使用することです。もしラバーカップを使用しても詰まりが解消しない場合には、修理業者に連絡することが賢明です。その他にも様々な道具を使用して詰まりを解消させることは出来ますが、成功する保証はありませんし、それらの道具を持っている家庭も少ないですので、あまり有効な解決策とは言えません。

水道修理は同じ作業でも業者によって費用が異なります。修理作業の内訳を明確に提示して、使用する部品や作業内容を公開する業者を選ぶことが納得できる結果を得るための条件です。