Monthly Archives: 5月 2015

大まかな流れを解説!システム開発の流れとは

お客様と仕様を決めていきます

システム開発の最初の工程では、お客様からシステムに付けてほしい機能をヒアリングします。お客様業務を理解し、フローチャート化、明文化して意識ずれがないか確認していきます。お客様業務をシステム化するときに技術的に実現可能なのかを検討します。システムが動作するのは24時間365日なのか、平日日勤帯なのかなど動作条件も定めていきます。ここでお客様と開発側に意識ずれがあると、後々の工程で問題が発生して手戻りになるので、しっかりと意識合わせをするのが大切なんですよ。

仕様を定め作りこみます

お客様の業務と要件を把握したら、システムの仕様書に書いていきます。誰でも分かる平易な文章で記述し、ヌケや漏れの無いようにデータのバリエーションを考えながら仕様を書いていきます。仕様書ができたら、プログラムに起こしていくのですが、プログラム作成部分は、他の企業に委託することもあります。中国やインド、東南アジアの国に委託することをオフショア開発と言います。その方が費用が削減できるし、時差の関係で早く仕上げることもできるんですよ。

試験をして納品します

プログラムができたら、仕様書通りにプログラムが動作するかすべてテストします。仕様書に書かれているすべての機能が動作するデータを作って、システムに流し、テスト工程で発見されたバグの数でシステムの品質を測ります。現行システムがあれば、新規のシステムにデータを移行し、動作する環境にして納品します。納品後はお客様側でもテストを行い、使い方の研修を行います。研修のときには、システム開発側からもサポートに行って使い方を教えることもありますよ。

以前は企業の情報共有ツールとして多くのシェアをしめていたnotesも今やマイクロソフトにおされてしまい、notesのマイグレーションをサポートする業者の存在も注目を受けています。

最近話題のシェアハウス!その内容が知りたい

シェアハウスの大きな特徴とは?

近年話題となっているシェアハウスですがまだ知らない人も多いでしょう。これは賃貸住宅の1つの形式であり、自分のプライベートな部屋はありますが、キッチンやラウンジ、トイレなどは共同で利用するという特徴があります。現在ではシェアハウスの数は増えておりそれぞれに独自のサービスを提供しているのですよ。もしシェアハウスが気になるのであればインターネットで検索してみたり、また実際に見学に行ってみるのも参考になりますよね。

どんな人に向いているの?

シェアハウスは他の人と一緒に利用する共用の部分が多くあります。そのため他の住民と顔合わせる機会がとても多くなるという事になりますよね。シェアハウスの利用を考える人には、1人暮らしが初めてのため寂しさがある、都会で1人暮らしは不安がある、色々な人と交流したい、安く部屋を借りたいなどという人に多く利用されているのですよ。地方から東京に出てきて1人暮らしは何かと不安がありますよね。しかしシェアハウスなら常に誰かがいるので安心感が高いですよね。

どのような事を注意したらいいの?

シェアハウスは近年とても人気が高くなっていますが、人気があるからというだけで選んでは失敗してしまう事もあります。シェアハウスは他人と共同で使用する部分がとても多い為、1人1人が他の人の事を考えて使用する必要があります。家賃を払っているからといって電気をつけっぱなしにしていたり、また浴室を1人で占領しては他の住民と上手く生活できなくなってしまうのです。最低限のマナーを守って生活する事が大切なのですよね。

シェアハウスの魅力とは同じような生活や共通の悩みを持った人たちが集まり共同生活をすることで、互いの情報を共有して快適な暮らしにつなげることができることです。

倉庫ではこんなアルバイトがある!仕事を知って働いてみよう

倉庫での仕分け作業について

倉庫ではとても多くの人が働いています。仕事内容も豊富であり、アルバイトの募集も多く出ているのですよ。アルバイトの中の1つに仕分け作業があり、この仕事は発送先などに荷物を分けるという仕事です。宅配会社や郵便関係などがあるのですが仕事の内容としてはとても単純であり、発送先を確認して分けるだけなのです。黙々と働きたい人にはおすすめの仕事ですが、中には重い荷物もあるため重労働になる場合もあるので体力が必要になりますよね。

倉庫でのピッキングについて

倉庫でのアルバイトには他にピッキングがあります。このピッキングとは、リストに書かれて商品を倉庫の中から探して集めて箱につめ、発送するという仕事です。アパレルや通販サイトなど様々な業界の仕事があり、小さな物から台車が必要な大きな物まで様々な商品があります。リストを見ながら商品を探すだけでなので仕事自体は難しいわけではなく誰でもできる内容になります。しかし間違ってしまうと配送先に迷惑をかけてしまうため注意が必要ですよね。

倉庫でのシール貼り作業について

倉庫内では他にも様々な仕事があります。淡々とした単純作業が好きだという場合にはシール貼りの仕事もあるのですよ。商品にシールを貼るという単純な仕事なので誰でもすぐにできるようになります。単純作業ではありますが、数が多い場合もあるのでのんびり貼っていたり、またあまりにも適当に貼ってしまっては注意されてしまうでしょう。倉庫ではこのように様々な種類のアルバイトが募集されているため、自分に合ったアルバイトを見つける事ができるのです。

倉庫は日光や異物が入り込まないように窓が無い造りの物件が多数を占めますが、湿気が籠ると保管している荷物が傷むことがあるので工業用の換気扇による換気を行う必要があります。